メニューをスキップします

社会福祉法人 敬心福祉会 | 他人を敬い、自ら律する心を持って人に接する

池袋敬心苑

敬心福祉会トップ > 池袋敬心苑トップ > 短期入所事業 雑司谷

ここから本文です

短期入所事業 雑司谷/概要

  • 概要
  • 申込方法・料金
  • 行事予定

 

家族が、病気や冠婚葬祭等のため一時的に介護ができないとき、介護者の休養等のために、短期間の入所ができます。(個室)

定員

  定員 部屋タイプ
障害者支援施設 10人 全室個室
短期入所 1人

 

スタッフ

職種 人数 備考 
介護職員 8名 利用者の方への介護サービスを直接提供します。
看護師 1名 利用者の方の健康を管理し、怪我などの処置を行います。
作業療法士 1名 リハビリテーションの指導、管理を行います。
生活支援員 1名 生活に関するご相談に応じます。

 

サービス内容

当事業所では、利用者に対して以下のサービスを提供します。

(1)介護給付費対象のサービス

(2)利用料金の全額を利用者に負担いただくサービス(介護給付費対象外のサービス)

 

(1)介護給付費対象のサービス

1.日常生活の支援

1.生活支援計画 利用者や家族の希望を考慮して生活支援計画の原案を作成します。この原案について生活支援会議を開催し協議の上、生活支援計画を作成します。生活支援計画書は、利用者または代理人への説明及び同意を得て交付致します。
2.居室の提供

・個室(トイレ付き、全室冷暖房完備)をご用意しています。
・床頭台、介護用ベッド、洋服収納タンスを備え付けています。
・居室は、退所時に原状回復をお願いします(退所時には、全ての荷物のお引き取りをお願い致します)。

3.食事の提供 時間
朝食 7:45~8:30
昼食 12:00~13:00
おやつ 15:00
夕食 18:00~19:00
提供場所 原則、食堂での提供となります。ただし、体調不良の場合はこの限りではありません。尚、外出等で延食をご希望された場合、食事提供開始時間から2時間以上経過した場合は、衛生管理上食事の提供が出来ませんので予めご了承願います。
食事形態 常食、刻み食、極刻み食、ミキサー食の食事を提供いたします。
病態食 糖尿食(カロリー制限食)、減塩食等の食事を提供いたします。
※食事の提供に要する費用は別途いただきます。
4.入浴

入浴は、1週間のご利用につき2回ご利用頂けます。利用者のご希望等を伺った上、個々の身体状況に応じて下記の浴槽で入浴していただけます。
(浴槽タイプ) 中間浴槽・特殊浴槽

※入浴が困難な場合には清拭や衣類の交換などの代替サービスとなります。

5.排泄 障害の状況や身体の状況により適切な方法で、トイレへの誘導、オムツの交換等を行います。
6.介護 ・生活支援計画等に沿って下記の個別ケアを行います。
・食事等の介助・入浴介助・衣類の交換・体位交換・シーツ交換・施設内の移動・排泄介助(随時個別対応を基本とし、トイレへの誘導、オムツ交換等を行い、紙オムツを個々の状態に応じて使用します。)
・同性介助に関しては、小規模施設の中での人員配置に限界もあり、入浴のみ同性による介助を実施します。その他のサービスについては、異性による介助となる場合がありますが、可能な限り同性介助が実施できるように努力致します。
7.洗濯 普段着、寝巻き、下着等を施設内の大型洗濯機・大型乾燥機を使用して洗濯し、お部屋までお届けします。尚、当施設では、衛生管理上の観点から消毒を行っておりますので、衣類によっては変色する場合があります。また、消耗した衣類や汚染でひどくなったもの(血液・嘔吐物・汚物等)は衛生管理上、破棄する場合がありますので予めご了承願います。
※当施設の洗濯は、クリーニング専門ではありませんので、衣類には、必ず記名をお願いいたします。また、クリーニング専門店での洗濯が好ましい衣類については、当施設で対応できませんのでご了承願います。
8.行事 各種季節行事をはじめ外出行事を行います。また、家族も参加できる行事もご用意しています(別途、ご連絡いたします)。尚、行事内容によっては、一部自己負担いただく場合がございます。

2.医療・健康管理

健康管理 日中、看護師が常駐し健康管理や薬の管理を行います。

社会的活動の支援

1.機能訓練 ・作業療法士(または、理学療法士)による集団プログラムの実施を致します。また、必要に応じて個別指導を行います。
・個人のご希望で行う作業療法については、一部材料費が生じる場合があります。
2.余暇活動 音楽療法士によるミュージックセラピーや自由参加のレクリエーションプログラム等があります。
3.その他 併設の「池袋敬心苑」「デイホーム南池袋」との交流に努めます。

4.緊急時の対応及び当施設の協力医療機関

当施設では、利用者の体調不良による緊急時の対応として、次の通り対応致します。

  • 利用者に急変があった場合は、施設は、原則、かかりつけ医や過去に受診歴のある救急指定を受けた医療機関へ救急搬送いたします。ただし、医療機関側の事情で受入困難な場合は、救急隊の判断による医療機関(協力医療機関を含む)へ搬送を致します。
  • 救急搬送となった際は、あらかじめ届出のある連絡先にご連絡いたしますので、すみやかに救急搬送先医療機関までお越し下さい。
  • 搬送先医療機関で入院となった場合、差額ベッド代(個室等)のかかる病室に入院となる場合があります。施設では、救命を第一に対応させていただきますので予めご了承下さい。緊急連絡先に変更等が生じた場合は、生活支援員までご連絡ください。

5.入院となった場合の取扱いについて

入院中は、各医療機関の指示に従い入院時の各種手続きをお願い致します。尚、入院となった場合は、その日をもって短期入所サービスは終了となり退所となります。

 

(2)利用料金の全額を利用者に負担いただくサービス(介護給付費対象外のサービス)

1.特別なサービスの提供
2.介護給付費から支給されない日常生活上のサービスの提供

 

↑このページのトップへ